トピックス

業界ニュース

デンマークの小形風力発電機メーカー、日本市場に参入

小形風力発電機メーカーのソリッド・ウィンド・パワー社(デンマーク)は7月9日、同社の風力発電装置(19.8kW)が、日本海事協会(ClassNK/東京都千代田区)の認証を取得したことで、日本の風力発電市場に進出すると発表した

関連記事:環境ビジネスオンライン https://www.kankyo-business.jp/news/015220.php 
2017年7月11日掲載

この風車は、デンマークとヨーロッパで販売されている風力発電装置を日本仕様にしたもで同社は、高性能ブレード、効率的な発電機、低騒音ギアボックス、耐震ダンパー、高度なヨー制御システム、マルチ・ブレーキ・システム、遠隔モニタリングシステム(ORBITAL社のOrbiSCADA)、そして簡単なメンテナンス・システムなどが特徴と説明している。ソリッドウィンパワー社は、デンマークでの風力発電のシェアは全電力の割合で42.1%を誇り風力発電先進国といえる国で大きな実績を持つ会社である。その会社の風車が日本仕様としてNK認証を受けたことは非常に今後が楽しみであるといえるのではないでしょうか。


弊社L&Mにおいても、 現行の「WinPower社」の小型風力発電機と併せ、 この度ご紹介の「Solid Wind Power社」も新規導入を致します。 各々の機器には其々の特徴があり、 選定地となる風況などの具体的なデータを基に、 選定地毎に適した小形風力発電機を選んでお客様に最善のご案内が出来るように準備を進めていこうと考えています。