コラム

出力抑制について

風力発電

出力抑制について

出力抑制とは?
出力抑制とは電力会社が再生可能エネルギーで発電した電気を買い取ることを制限することです。 制限されるようになった理由は、2012年7月から再生可能エネルギーの固定買取価格制度導入から、太陽光発電の普及が急速に進み、電気の供給量が増えてしまったからです。 実際に2015年10月に太陽光をはじめとする再生可能エネルギーの発電量が消費電力を上回るとみこまれ、電力供給が不安定になる恐れから、九州、四国、東北電力の接続申込の回答を保留するニュースが取り上げられました。 電気を安定供給するためには、電気の供給と需要が常に一致していることが条件になります。供給が多すぎると電気が逆流(=逆潮流)し大規模な停電が発生する可能性があるためです。

出力抑制のルール
現状は電力会社により太陽光、風力ともそれぞれルールが設けられています。


出展、資源エネルギー庁(再生可能エネルギー固定買取制度ガイドブック)より

出力抑制は実際にありえるのか?
現時点では実際に出力抑制が実行されたという事実はまだ聞こえてはきません、しかしながら今後起きないとも限らないのが現状です。では実際出力抑制が起こった場合どのような順番で抑制がなされていくのかを見てみたいと思います。


出展、資源エネルギー庁(再生可能エネルギー固定買取制度ガイドブック)より

上記のように実際に出力抑制が実行された場合の順序としては、
原子力発電→火力発電→高圧太陽光発電・大型風力発電→低圧太陽光・小形風力発電という順序になると思われます。
出力抑制が起こると予想されているのは太陽光の発電量が一気に上がる時期であるといわれています。そういった面で考えると24時間発電可能な20KWh未満の小形風力発電には、今はあまり影響がないのではと考えても良いのではないかと思います。しかしながら今後の電力会社の動きなど情報をしっかりと収集し考えておくことも大切だと思います。そういった情報も今後提供していきます。

この記事を書いたのは…

風力発電投資Navi

風力発電投資の物件検索サイト『風力発電投資Navi(風ナビ)』では、豊富な物件情報の他にも、セミナー情報、トピックス&ニュース、お役立ちコラムなど、様々な情報を皆様にお届けしてまいります。