風力発電投資とは

風は無限のエネルギー Infinite

いつまで石油や原子力を使う発電に頼るのでしょうか?
石炭、石油などのエネルギーには限りがあります。
地球温暖化、石油を消費することによって二酸化炭素(CO2)が排出され、
2100年には地球の平均気温が1.8~4℃上昇し、日本は亜熱帯になると言われています。

現在、世界的に原子力発電所の安全性が不安視されています。
子供たちと地域の未来のために、再生可能エネルギーを普及させる必要があります。
そのひとつとして今「小形風力発電」が大きな注目を集めています。

注目の
クリーンエネルギー Clean energy

  • 動き始めた日本のエネルギー事情

    世界規模で取り組む課題となっているエネルギー消費問題。日本においては「原発稼働ゼロ」の2014年以降、安全な代替エネルギーへのシフトが加速しています。これから再生可能エネルギーをどれくらい拡大できるかが、大きな社会的意義を持つ時代となりました。

  • 地域の活性化につながる風力発電

    環境負荷が少ない風力発電は自然豊かな土地に多くみられ、その土地に根ざした農業・水産業との親和性も高く地域産業としても注目を集めいています。また国が推進する風力発電設備をもつことで自治体の財源が潤い、地域の皆様の生活や福祉を増進することにもつながります。

  • 国が推進するエネルギー政策の恩恵

    固定価格買取制度とは、風力発電などにより作られたエネルギーを電力会社に固定価格で買い取ってもらえる制度です。買取保証期間も20年間と定められています。また、経産省の「生産性向上設備投資促進税制」など、様々な税制優遇が受けられます。

    風力 20kW以上 20kW未満 洋上電力
    調達価格 21円+税 55円+税 36円+税
    調達期間 20年間 20年間 20年間

    平成29年度の価格表(調達価格1kWh当たり)

    出典:経済産業省 資源エネルギー庁HPより

  • 安定した利回りの投資先

    空室リスクのある不動産や、太陽光と比較しても利回りが高い風力発電。安定した投資先として投資家からも注目を集めています。

      小形風力発電 太陽光発電(10KW以上)
    固定
    買取価格
    55円+税 21円+税
    発電 立地条件が整えば発電効率の変動が少ない・24時間発電可 四季に左右される・日中のみの発電可能
    設置
    環境
    省スペース 大きなスペースが必要
    減価
    償却
    概ね10年で回収可能(物件による) 買取価格が下がった為、減価償却に時間がかかる
    処分
    について
    ブレード部分以外の鉄はリサイクル可能 今後廃棄物が増えるため2018年から政府の産業廃棄物としての申請が必要になる見込み